歴史は繰り返すと言うけれど、まさに太平洋戦争、明治維新、阿弖流為エミシと亜流ユダヤ大和との戦い、そして出雲神族を追い出した国譲り。

国譲りとは名ばかり勝者の論理で、更なる仕返しを恐れ血をたち、その頃ジャングル化されていた、北へ北へと追いやった。

そこで抵抗しながら、阿弖流為エミシの戦いになり、それの最前線が村上。

出雲神族は、新潟姫川辺りまで来ていたが湯殿山まで、後退させられた。

そして幕末の様々、そして太平洋戦争、そして今の世界情勢。


間違いなく、北海道最北から亜流ユダヤ国家アメリカを体験して、ジャングルだった素晴らしい関東を江戸という素晴らしい都市にした痕跡が見える東京で暮らし、その素晴らしい出雲神族から受け継いだ調和の種を東京から発掘しながら、その原種があった東北に暮らしながら、ついにはその原点は、西暦以前まで辿りつきました。

何か感じる違和感の発端がヤハリ亜流ユダヤとの、様々な生き方の違いに現れていた。

あれが好きとか、嫌いとか、それはるか西暦以前の価値を、自分が引き継いで今がある。

だから視点を引くに、ワークが変化していった。

フォーカス引くに使える重要な部品が、必ず身体に眠っているはずと感じたから。

だから、動物の使い方をくまなく研究した。

その結果、鼻骨、クチバシ、大きな羽に行き着いた。

まさに猛禽類。

だから、サポーターの一人で重要な時に重要な資料を運んでくれる、知的トム・クルーズS社長は地図が大好きなのだろう。

織田信長のように世界征服したく世界を見るか、関係性を見いだしこの小国がどう生きて行くかを見いだして行き、結果鎖国を選んだ徳川的に世界を見るか、まさに亜流ユダヤは前者。

イスラエルの現状、北朝鮮や中国、日本内部から壊す為に仕組んだ、新興宗教S会やT一会、その実行部隊だったオウムなど、国内でこの戦いが繰り広げられたが、今や近隣で始まっている。

ロスチャイルド系のスパイに殺された、龍馬の悔しさが肌身にしみる。

しかし、そこには人知を越えた地球や宇宙の意思も含まれている。

すなわち、無から有をつく出す宇宙の摂理システムをひた隠しにして、都合よく利用して、有を維持しないと怖い無になると思い込まされ、ひたすら先にあるナウシカのフカイのように、ZERO化こそが有を生み出していることを隠されて家畜化をされてきた。

だって無から有が産み出すならば、誰も支配者の為に働かなくなるから。

その入り口が作物作り、その先が採取。

このミックスで、多分地球上は、北の国からの遺言で五郎さんが言われるように、充分食わしてくれる。

しかし、だんだん余計な事は殆どしなくても、医療も食も大体が成り立つとわかり始めた故に。支配者層は焦っている。

いつになったら楽になるか?

だから、鬱も起きる予想でキチンと自立出来ない輩を救う、新興宗教が用意され精神科が用意され、アルツハイマーや多動症やDVが作られるが殆どは、アルミ缶が原因なんだから、本当に頭良いよね。

全てが家畜化から出れない仕組みを用意周到に準備しているんだから。

さてそんな中で仕掛けられた、3.11ですがここまで太平洋が汚染され、更に広がるは当然。

何を仕掛けるか、可能性が有るのが、フォッサマグナを利用して地下に落とし水につける。

一本173キロの燃料棒が1500本ある。

即ち1号から3号炉まで、それぞれ100トン。

これを、東京から長野新潟県境のフォッサマグナの下に沈めちゃえが、首都圏直下地震でしょう。

だから今急いで日本海側のインフラを急いでいる。

北陸新幹線や日本海東北道はまさにそれ。

推定燃料棒が14000本ある。

原爆四万個分。

さて、誘導はされるが環境難民から始まるミロクの始まり。

今こそ、実質的な準備を!

ノアの映画は、サイン!




の変化は語彙の借用といったレベルではなく、捕虜として連行されてきたというレベルでもない。規則的・体系的な音韻変化であり、しかも、来る、走るといった基本動詞や使役・尊敬という重要な助動詞にまで及んでいるため、現在の山陰地方中部、いわゆる雲伯地方に朝鮮民族の王朝があり、この地方の人々が倭人化した朝鮮民族の末裔であることは確実である(ラ行音の脱落現象のある出雲弁(雲伯方言)の話し手は現在でも島根・鳥取両県に約65万人存在する))。

 とくに、前述したような『古事記』神の代の三分の一を占める量の多さからも分かるように、『古事記』において、出雲地方に存在していた古代王朝は有史以前に存在していた日本民族の強大な祖王朝として扱われている。

 日本民族のルーツを考える際にも、先述した出雲民族が有していた何者でもないという否定論理積(not-AND)性が想定できると思われる。

 (毎年10月に祭天行事を行う集団は古代日本における鉄文化の伝来に貢献している。日本では、5Cまで鉄資源は朝鮮半島から輸入し、それを国内で加工していた。辰韓、弁韓などの朝鮮半島南部は良質の鉄を産出することで東アジアで有名であり、その様子は中国の歴史書にも記述されている。国内での鍛冶を担当する鍛冶部と呼ばれる集団の大部分を構成するのがこの祭天行事を行う渡来人集団である。2C半ばの大和政権は彼らを窓口にして朝鮮半島南部の鉄を確保し、国内の鉄工技術を独占することで国内統一の地盤を固めていった。

 定説では、出雲が大和朝廷の支配下に入るのは4C半ばである。常識的に考えれば、大和政権が祭天行事を行う渡来人集団を介して国内の鉄工技術を独占していたとされる2C半ばから4C半ばの間にかけて出雲地方に朝鮮民族の王朝が存在し、その担い手になったのが出雲民族でありその末裔が現在の出雲地方の人々ということになる。そして、4C半ばから、完全に大和朝廷の支配下に入る6Cの間に倭人化したことになる(ところで、定説では、出雲地方で本格的に製鉄が開始されるのは5C頃である。したがって、定説には反するが、5C以前に出雲地方で製鉄が行われていた可能性がある。また、この観点からは、荒神谷遺跡や加茂岩倉遺跡は朝鮮民族王朝の遺跡ということになる)が、朝鮮民族から見れば同族が建てた別の王朝であり、2C半ばといえば朝鮮半島ではすでに歴史書の記述がある時代である。したがって、現在の山陰地方(島根県・鳥取県)に朝鮮民族の王朝があれば歴史書に必ず一言くらいは記述があるはずである。まったく残っていない。少なくとも韓国の歴史教科書では祭天行事や古代の朝鮮半島南部で良質の鉄が産出され、楽浪郡や倭に輸出されたことには触れているが、神在祭(神在月)のことには触れていない(注18)。したがって、山陰地方に朝鮮民族の王朝が存在したのは朝鮮半島の歴史の記述が始まるBC37年以前ということになる。考古学的に証明できる朝鮮半島最古の王朝は、BC197年、秦末の始皇帝の死後の混乱期に一時的に復活した、中国北部に位置していた戦国七国の一国であった燕が漢の成立により討伐される際に、燕の王族である衛満が朝鮮半島南部に逃れて建国した衛氏朝鮮と一般に呼ばれるものだが、その際の混乱による大量移住か、その衛氏朝鮮が滅亡するBC100年の際の混乱による移住が可能性として考えられる。ところで、現在、根拠のない記述として否定されているが、『史記』には、朝鮮半島最古の王朝は、周の武王が殷の王族である箕子を華北地方(中国北部)に封じて朝鮮王とした、箕子朝鮮と一般に呼ばれるものが朝鮮民族の王朝の始まりであると記録されている。衛氏朝鮮が成立するBC200年以前は、朝鮮半島では、原始部族社会ということになっているが、BC100年の衛氏朝鮮滅亡後、朝鮮半島北部と南部では、扶余、BC1C〜1C、高句麗、BC37年、百済、新羅、それぞれ約315年と、国家の成立に約400年の時間差がある。13C、チンギス・ハンは、モンゴル高原を本拠にして遊牧民族国家モンゴル帝国(元)を建国したが、帝国が瓦解すると帝国を構成していた人々は、モンゴル平原に帰り元の遊牧部族社会に戻った。BC200年以前の原始部族社会を漢に征服され、遊牧民族王朝が崩壊した後の姿と考えることができる。箕子朝鮮を肯定するわけではないが、前漢が朝鮮半島北中部を植民地支配するBC200年以前に朝鮮半島北部に遊牧民族王朝が存在していたのではないか?『史記』の記述の、周の武王が殷の王族である箕子を華北地方に封じ、朝鮮王としたという部分はともかく、華北地方に朝鮮民族の王朝が存在していたということは何がしかの歴史的根拠に基づいた史実なのではないだろうか?
そのいわば幻の王朝時代の王朝交替に伴う混乱による大量移住を筆者は個人的に想像している。

 前述したように、定説では出雲が完全に大和朝廷の支配下に入るのは6Cである。だが、前方後方墳を中心にした出雲独自の要素が強い古墳文化の存在は、その定説を否定する。6C以前の出雲については未解明、よく分かっていないというのが実状のようである。)

メニュー
天岩屋戸神話のあらすじ
オオクニヌシの国譲り神話のあらすじ
出雲大社
ヤマタノオロチ神話のあらすじ
祭天行事
神在祭(神在月)
出雲地方の古代文化
出雲地方と言語(方言)
出雲民族
黄泉国訪問神話
ヤマタノオロチ神話解説
神在祭(神在月)その2
注記
リンク
最新記事
リンク
注記
神在祭(神在月)その2
ヤマタノオロチ神話解説
黄泉国訪問神話